奥州の出会いは必要ではなかった
0

    奥州の出会いに馴染みのあるプラスチックはプランターの隣にすることができます...
    それは何でした、私は必要ではなかったのかしら
    頭を抱えながらゴミ箱に入る
    ああ、私は掃除機のゴミを出した
    .........掃除機の部品_ | ¯| ○il ||李
    急いで家に入る
    それ以来、それは時間との戦いです。
    奥州の出会いの娘を迎えるための家事
    私は帰宅した私の車を覚えている。

    奥州出会い

    「ねえ、私が家に帰るのを手伝ってくれませんか」。
    "何?"
    "馬場、掃除機の部品を取り除く..."
    "何してるの !?"
    「いいえ、掃除をしたようです。掃除機のゴミをくれました」
    「部品を捨てましたか。
    「ゴミ箱に馴染みのあるプラスチック、私が思ったものと思うもの、そして他のゴミを見れば、掃除機内でゴミを捨てる」
    「掃除機のその部分を覚えていますか?」
    「そうです、私がそれを付けるのを手伝ってください」
    「さて、奥州の出会い?」
    「ええ、巨大です」

    私たちの家にコードレスダイソンがあります
    通常私と私の娘は高知を使用しています

     

    posted by: tokio863 | 奥州 | 15:07 | comments(0) | - |